コラム|富里市七栄で歯科をお探しの方はなお歯科・矯正歯科医院まで

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00

★ :土曜日は9:00~15:00
休診日 :木曜・日曜・祝日

〒286-0221
千葉県富里市七栄595-1

tel. 0476-92-0777
  • 地図
  • メニュー

「マウスピース型矯正装置」なら富里市のなお歯科

皆さんこんにちは。

なお歯科・矯正歯科医院です。

 

マウスピース型矯正装置が普及するようになり、大人になって矯正を始める人が増えてきました。

これはとても良い傾向といえます。

当院でもそんなマウスピース型矯正装置(インビザライン)に対応しておりますので、富里市で歯並びを治したいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

当院はマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療実績も豊富です。

  

そもそもマウスピース型矯正装置とは?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、透明な樹脂製のマウスピース(アライナー)を使って歯並びを整えていく治療法です。

装置が目立ちにくく、装着時の違和感も少ないので多くの患者さまにおすすめできます。

  

サワイヤー矯正との違いは?

マウスピース型矯正装置を検討中の方は、何よりもワイヤー矯正とどのような違いがあるのか知りたいものですよね。

◎見た目が全く異なります

 
マウスピース型矯正装置(インビザライン)とワイヤー矯正では、見た目が全く異なります。

従来のワイヤー矯正では、歯の表面にメタルブラケットと金属製のワイヤーを装着することから、矯正治療中であることが一目でわかりました。

それが嫌で矯正治療になかなか一歩踏み出せないという方も多いでしょう。

一方、マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、装置が透明なので、装着していてもよほど凝視しない限りは気付かれることがありません。

これはある意味、マウスピース型矯正装置とワイヤー矯正の最大の違いといます。

  

◎歯の移動に伴う痛みに違いがあります

ワイヤー矯正は比較的強い力で歯を移動させるため、治療に伴う痛みや不快感が強い傾向があります。

適応できる症例の幅も広いのが特徴です。

その点、比較的弱い力で歯を移動させるマウスピース型矯正装置は、ワイヤー矯正よりも痛みが弱くなる傾向にありますが、適応できる症例には限りがあります。

  

◎当院な不快な型取りも不要です!

当院は、マウスピース型矯正装置(インビザライン)専用の口腔内スキャナー「iTero(アイテロ)」を導入しておりますので、従来の不快な型取りが不要となっております。

小型のDスキャナーをお口の中にかざすだけで、歯並びの情報が得られます。

  

まとめ

このように、当院のマウスピース型矯正装置による矯正は、患者さまの心身への負担を極力抑えた方法を採用しております。

富里市で快適な歯並びの矯正を希望されている方は、是非ともなお歯科・矯正歯科医院までご相談ください。