コラム|富里市七栄で歯科をお探しの方はなお歯科・矯正歯科医院まで

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00

★ :土曜日は9:00~15:00
休診日 :木曜・日曜・祝日

〒286-0221
千葉県富里市七栄595-1

tel. 0476-92-0777
  • 地図
  • メニュー

子どもの矯正が必要になる歯並びとは?

皆さんこんにちは。

なお歯科・矯正歯科医院です。

 

子どもの歯並びは、大人の歯並びと違う部分が多々見られます。

乳歯列の段階で、歯がすき間なくきれいに並んでいるケースは稀であり、仮に歯並びが整っていたとしてもそれが正常であるとも限りません。

なぜなら、乳歯列の時はある程度のすき間が必要だからです。

そこで今回は、子どもの矯正が必要になる歯並びや小児矯正を始めるタイミングなどについてわかりやすく解説します。

  

こんな症状は要注意です

お子さまの歯並びで、次に挙げるような症状が認められる場合は注意が必要です。

もしかしたら小児矯正を受ける必要があるかもしれません。

・出っ歯
・受け口
・お口がぽかんと開いている
・歯がガタガタになっている
・咬み合わせが悪い
・滑舌が悪い

いずれもきちんとした検査をしてみなければ重症度の判定も難しいので、まずはお気軽にご相談ください。

  

子どもの歯並びは矯正歯科医院で治すのが一番です

子どもの矯正治療は、専門性がとても高くなります。

大人の矯正治療は得意でも、子どもの矯正治療はできない歯科医師がたくさんいるのが現実です。

なぜなら小児矯正は、子どもの発育状況なども踏まえながら治療を進めていかなければならず、難易度が高いからです。

その点、なお歯科・矯正歯科医院は文字通り矯正歯科医院ですので、子どもの矯正治療も得意です。

これまでたくさんの子どもの歯並びの治療を経験しており、さまざまなケースに対応できます。

例えば、筋機能療法(MFT)という治療も行うことができます。

 

◎筋機能療法とは?

筋機能療法とは、顎の成長・発育や自然な筋肉の動きを利用した、お子さまへの負担が少ない矯正方法です。

マルチブラケットなどによる装置で歯を人為的に移動させるのではなく、マウスピースのような装置を使ってお口周りの筋肉をトレーニングする治療法です。

小児期だからこそ効果が期待できる方法であり、後戻りも少ないといえます。

  

まとめ

このように、子どもの歯並びの治療が必要になるかどうかは、矯正治療を専門とする歯科医師しか判断できませんので、お子さまの歯並びで不安に思われる点がある場合、富里市のなお歯科・矯正歯科医院までご連絡ください。

 

矯正歯科のページへ >